FC2ブログ

一般の方から純粋に聞かれる質問

OFFICE GEKKOU公式HPの方に、よくあるご質問というページがあります。

多少なりとも気になった方の参考になればと思い、いくつか例をあげさせて頂いているのですが、今回はこちらの方にちょっとフランクな質問というか、これまでに投げかけられた中からたまに聞かれる変わったものを、いくつかあげてみたいと思います。
お暇潰しにご一読下さい。


Q1.相談者の人と恋愛感情が芽生えたりしないの?

これ、よく聞かれますねぇ。
単純にそう思う方もいるかも知れませんが、もしそんなことがあったら結構大変なことです。
場合によってはカウンセラーも辞めなければいけなくなるかも知れません。

そもそも相談者に対して、常にニュートラルな気持ちや感情を維持出来ない様であればカウンセラーとして活動して欲しくないですし、相談者やカウンセリングに対する強い信念なども感じられませんね。
ですから基本的に、カウンセリングをしていくうちにそういう感情が芽生えるというのは有り得ないことです。

何か可能性があるとすれば、しばらくしてどこかで偶然再会するとか、そういうことがあった時には一つのきっかけになったりもするかも知れませんが、まぁそれでもほぼ無い様な気がします。

私は遊びでカウンセラーになった訳ではありませんし、生活していけるかどうかも分からない様な事をしていく上で、相当な覚悟と境地が必要でした。

最近よく脇が甘いと思える政治家の方が散見されますが、その覚悟と境地が足りなかったのでしょう。


Q2.占いみたいな感じですよね?


これもたまに言われることがありますが、私はこれを言われるのが好きではありません。
根本的に全く違います。
カウンセリングは自分自身で何かに気付いたり、自分の中の何かを引き出すものです。
そして療法や心理学などが基盤としてあります。

直接的に、あなたはこういう所があるのでこうした方が良いですよというのが大体の占いだと思うのですが、そう言われて単純に行動出来る様な人であればカウンセリングの必要もないでしょうし、知人からのアドバイスとあまり変わらないと思います。
逆に占いを信じ過ぎて依存しない様に、カウンセリングが必要になる方も出て来るかも知れません。

とにかく、占いによって鬱や不眠や引きこもりは改善しないというのは何となく分かると思いますので、そういうことだと解釈して下さい。


Q3.カウンセリングをしていて、逆にカウンセラーが病んできたりしないですか?

ふっ、愚問ですね。

と言いたいところですが、実はこの質問すごく良い質問なんですね。

過去にプライベートで、相手の話を聞いたり相談に乗っているうちに、鬱状態や変な感情が私に移ってきたことがあったのを思い出しました。

それでは何故今は大丈夫なのか。分かり易く言えば、真剣に考えていながらも感情移入はしていない、という状態をキープしている為です。

夜中に金縛りにあったとします。
その時に怖いと考えるのではなくて、今自分はどういう状態でどういうことが出来るかと一つ一つ冷静に考えているうちに、いつの間にか金縛りが解けているという様な感じでしょうか。

それともう一つは対価を得る以上、自分の中のプロ意識ですね。

大まかにこの二つの理由から、私がご相談者から精神的な影響を受ける事は全くありません。


Q4.そもそもカウンセリングを受けに来る人なんているの?

こういった質問をしてくる人も確実にいますね。

今の時代には必要だと考える人と綺麗に分かれます。

それ以外の人はカウンセリングって何?という人です。

この質問に関しては、お答えするというよりも

ノー天気で羨ましい

と私は思うだけです。



以上、また何か機会があれば第2弾があるかも知れません。

9fcc63072948d39fc107bb56a4bea705_s.jpg