A君と私(完)

A君が私の深層心理の体現者だったと感覚的に気付き始めたものの、当時理論的に自分を分析出来るはずもない私は、そこから目をそらしながら特に深く考えずに日々を送っていた。それが後に私の数奇な人生(運命)に繋がっていくのだが、その内容については今は諸事情もある為、また今度機会があれば触れていきたいと思っている。もうあまり使われなくなった言葉かも知れないが、昔よく『高校デビュー』という言葉を耳にした。意味は...